K.Sasada's Home Page

こめんとのついか

こめんとこめんと!

message

please set comment :).

_25(Sun)

PukiWiki を導入してみる。

理由。

YukiWiki => PukiWiki のデータの移行は結構楽だった。作業自体は、

プラグインとか入れると楽しい、サイドバーが楽しい。動作は意外と速い。BTSプラグインが、どう活用できるかが楽しみ。


学校に来てみるとサーバの不調。外につながらない。調べてみると、ゲートウェイマシンが落ちている。なんで? と思ったらUPSが死んでる。んで、UPSにつながってる機器が全部落ちてる。

なんか、UPSには嫌な思い出ばかりあるな。死ぬなら死ぬで、一人で死んでくれ。


しかし、読書会、RHG も SICP もそうなんですが、やっぱり飲みにまで行かないと面白くないなぁ。全然喋れないし。

Scheme に慣れてしまうと、関数の扱いで emacs とかで混乱。私は xyzzy ですけど。

; for scheme
(define (myabs x) ((if (< x 0) - +) x))
(myabs 3)  ;> 3
(myabs -3) ;> 3

こういうのは emacs とか common-lisp でどうやってかくのかしらん。勉強しないとなぁ。

(defun myabs (x) (funcall (if (< x 0) '- '+) x))

で、いいのかなぁ。

ruby だとこんな感じ?

class Numeric
  def myabs
    0.send((0 > self ? :- : :+), self)
  end
end

p 3.myabs
p -3.myabs

顔文字みたい。こう見ると common-lisp とかみたい。

_あおき(Mon May 26 00:22:59 JST 2003)

 def myabs()__send__(self>0 ? :+@ : :-@) end でしょう

_ささだ(Mon May 26 00:34:13 JST 2003)

 おお、ますます顔文字ちっくに。+@ なんてあるんですね。


好きにコメントを編集してください。ただし、あまり他の人のコメントを書き換えることは感心しません。



back

tton 記述が使えます。YukiWikiな記述してりゃ問題ありません。

「行頭に#code」 と、「行頭に#end」 で挟むと、その間の行は pre で囲まれます。プログラムのソースを書くときに使ってください。

例:

#code

(なんかプログラム書く)

#end

リンクは

[[なまえ|http://www.example.org]]

とか

[[http://www.example.org]]

で貼れます。

$Date: 2003/04/28 10:27:51 $