K.Sasada's Home Page

こめんとのついか

こめんとこめんと!

message

please add long comment :).

_18(Tue)

体の調子が悪くてしょうがないので、20時に寝たら、0時に起きてしまった orz


出勤。頭痛は治らず。


情報処理 2006年4月。和田先生が編集長じゃなくなったのか。

前付3にオーム社の広告。AWDwR和訳が載ってる。おー。

特集は、まったく畑違いで面白い。高速回路技術の話も面白い。

COINSの連載が始まった。

その他も、面白い。


はて?


私はプレドクというらしい。


直ったかしらん。


今度こそ。


うー、やっと直ったかな。

原因は、文字コード周りの仕様変更と、get_elements(...).each は、文書の順番どおり上から繰り返すわけではない、という。


がががーっと exception に対応。


iseq = YARVCore::parse(<<EOS__, __FILE__, __LINE__)
begin
  raise
rescue
  p :ok
end
EOS__

require 'pp'
pp iseq.to_simpledata
niseq = YARVCore::InstructionSequence.load_simpledata(iseq.to_simpledata)
puts niseq.disasm
niseq.eval

出力結果:

["YARVInstructionSimpledataFormat",
 1,
 1,
 1,
 nil,
 "<main>",
 "../yarv/test.rb",
 [],
 :toplevel,
 [],
 [],
 [[:rescue,
   ["YARVInstructionSimpledataFormat",
    1,
    1,
    1,
    nil,
    "rescue in <main>",
    "../yarv/test.rb",
    [],
    :rescue,
    [],
    [:"\#$!"],
    [],
    [[:putobject, StandardError],
     [:getdynamic, 1, 0],
     [:send, :===, 1, nil, 0, nil],
     [:branchunless, :label_23],
     [:putself],
     [:putobject, :ok],
     [:send, :p, 1, nil, 4, nil],
     [:leave],
     :label_23,
     [:getdynamic, 1, 0],
     [:throw, 0]]],
   :label_0,
   :label_7,
   :label_8,
   0],
  [:retry, nil, :label_7, :label_8, :label_0, 0]],
 [:label_0,
  [:putself],
  [:send, :raise, 0, nil, 12, nil],
  :label_7,
  [:nop],
  :label_8,
  [:leave]]]
== disasm: <ISeq:<main>@../yarv/test.rb>================================
== catch table
| catch type: rescue st: 0000 ed: 0007 sp: 0000 cont: 0008
== disasm: <ISeq:rescue in <main>@../yarv/test.rb>======================
local scope table (size: 1, argc: 0)
[ 1] #$!
0000 putobject        StandardError
0002 getdynamic       #$!, 0
0005 send             :===, 1, nil, 0, <ic>
0011 branchunless     23
0013 putself
0014 putobject        :ok
0016 send             :p, 1, nil, 4, <ic>
0022 leave
0023 getdynamic       #$!, 0
0026 throw            0
| catch type: retry  st: 0007 ed: 0008 sp: 0000 cont: 0000
|------------------------------------------------------------------------
local scope table (size: 1, argc: 0)

0000 putself
0001 send             :raise, 0, nil, 12, <ic>
0007 nop
0008 leave
:ok

http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/tech/1094825807/664

そりゃ、ルビまを見てRubyを始めようとしても困っちゃうよな。

_nanasi(Tue Apr 18 09:52:31 JST 2006)

 あなたの身体はあなた1人のものじゃないのよっ!(ドラマでありがちな妊婦を叱る看護婦さんの形相で)

_ささだ(Tue Apr 18 15:52:28 JST 2006)

 コメントのテスト。

_arton(Tue Apr 18 20:11:58 JST 2006)

 あれ? だんさんの入門記事とかあったじゃん。ちゃんとイラストが入っていていい感じだと思うけど。

_ささだ(Tue Apr 18 21:41:55 JST 2006)

 いや、ルビま で始められても。

_arton(Wed Apr 19 01:20:00 JST 2006)

 あああああ、確かに。


好きなだけ長いコメントをどうぞ。

お名前


back

tton 記述が使えます。YukiWikiな記述してりゃ問題ありません。

「行頭に#code」 と、「行頭に#end」 で挟むと、その間の行は pre で囲まれます。プログラムのソースを書くときに使ってください。

例:

#code

(なんかプログラム書く)

#end

リンクは

[[なまえ|http://www.example.org]]

とか

[[http://www.example.org]]

で貼れます。

$Date: 2003/04/28 10:27:51 $