K.Sasada's Home Page

こめんとのついか

こめんとこめんと!

message

please add long comment :).

_8(Sat)

system() を使えばよい、というのはどう調べればいいんだろうか。


さて、yasm は書き方・フォーマットは決まったんだけど、使い方が決まらない。

つまり、

result = YASM.toplevel{
  ...
}

のようにしたとき、何を返すべきか、まだ決められない。

iseq(内部データ)にするか、simpledata(配列)にするか。simpledata->iseq->実行という流れを、結局どこかでするし、iseq->simpledataの変換は容易だから、という気もするんだが。どうしたもんだろうね。

YASM::Simpledata.toplevel() だったら simpledata を返して、YASM::Iseq.toplevel() だったら iseq を返す?

誰か一緒に考えてー。


コードレビューを思いつくが、私は人と一緒にコードレビューをしたことがない。誰かコードレビューを(ねたはなんでもいいので)教えてくれませんか。


なんだか頭がふらふらする。ただの寝すぎだったり。でも、最近立ちくらみ多いんだよな。


知らないところで悪口言われるというのは、よくありそうだけれど、やっぱり気分が良くない。

そういうのを笑い飛ばせるような精神状態・肝っ玉?を持ちたい。


ちょっと調べてみると、「開発現場の実態に基づいたピアレビュー手法改善と 改善効果の定量的分析」というのがあったので見てみた。統計の分野は難しいなあ。


とりあえず ピアレビュー を買ってみようか。

_きむら(Sat Apr 08 14:26:17 JST 2006)

 プリンタドライバの開発やってたころにコードレビューしたことありますけど、どんなことが知りたいんですか? まあ、現役でコードレビューしている人がコメントするかもしれませんけど(^^;

_ささだ(Sat Apr 08 21:11:36 JST 2006)

 漫然と「コードを読む」だときっと収拾が付かなくなると思うので、何かコツがあるのではないかと思うので。参考になる本とかありますかね。

_きむら(Sun Apr 09 14:37:06 JST 2006)

 うーん、私らもやったときは手探りでやったのですぐには挙げられません。ちょっとつてを頼って聞いてみます。>参考になる本とか

_fukumori(Sun Apr 09 19:22:24 JST 2006)

ここで言う「レビュー」と「ウォークスルー」は、ほぼ同義であると仮定してちょっと書いてみます。 (http://www.cqpub.co.jp/DWM/column/ito/DWM0020itom5_body.htm などを見ると、厳密には両者の意味というのは違っているという説もあったりするらしいのですが、気にしない)

ヨードンの「ソフトウェアの構造化ウォークスルー」 (http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4764901870/) が、短くまとまっており要点もつかみやすいという点でお勧めなのですが、品切れ(というか絶版)のため入手困難です。ただ、運がよければ図書館などで見つけられるかも知れません。

フリードマンとワインバーグの「ソフトウェア技術レビュー・ハンドブック」 (http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4782510705/) も読みやすく、また内容が充実している(といいつつまだ読了していないのですが)ということで、良い本だと思います。しかしこれも絶版…

現在入手出来る本ということで探すと、「ピアレビュー―高品質ソフトウェア開発のために」 (http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/489100388X/) というのがあります。これは読んだことは無いのですが、amazonでのレビューの評価もそこそこあるようです。

_fukumori(Sun Apr 09 19:28:15 JST 2006)

 おっと、本文中で既に名前が出ていましたね > 「ピアレビュー」

_なかむら(う)(Mon Apr 10 16:54:31 JST 2006)

 そこでペアプログラミングで全コードをコーディングの時点でピアレビューですよ!

_きむら(Mon Apr 10 17:17:06 JST 2006)

 (う)さんとささださんでペアプロですか?


好きなだけ長いコメントをどうぞ。

お名前


back

tton 記述が使えます。YukiWikiな記述してりゃ問題ありません。

「行頭に#code」 と、「行頭に#end」 で挟むと、その間の行は pre で囲まれます。プログラムのソースを書くときに使ってください。

例:

#code

(なんかプログラム書く)

#end

リンクは

[[なまえ|http://www.example.org]]

とか

[[http://www.example.org]]

で貼れます。

$Date: 2003/04/28 10:27:51 $